高校生と地元の産業をつなぐ川崎臨海部しごとスタイルプログラム

川崎臨海部では、「産業と環境の好循環により社会を支える新しい価値を生み出すエリア」として、地域全体の価値が向上することで、臨海部の持続的な発展につなげることを目指しています。

その一環として、川崎臨海部が “自己実現ができるエリア” であることを特に次世代を担う子どもたちに対して見せることで、「かっこいい」「ワクワクする」イメージをつけ、ここで “働きたい、働き続けたい” と思ってもらえるような取組として、「川崎臨海部しごとスタイルプログラム(しごスタ)」の実施を支援しました。

しごスタは、高校生に川崎臨海部立地企業で働く人々の姿を見て、知って、体験できるような機会をつくり、シビックプライドを育みながら将来の自分の働くイメージ像を持ってもらうこと、また、臨海部企業には企業活動のPRや人材育成につながる機会としてもらうことを目的に、学校と企業で検討を重ねながら企画したものです。

プログラムとしては、①セミナー・ブース型、②見学・体験ツアー型、③アウトプット・発表型、④ブックレットの記入・更新の4つから構成され、一般的な就職説明会や職場見学とは異なり、一連のプロセスのなかで多くの生徒たちに充実した経験を提供できることが特徴です。

弊社は、学校(教員・生徒)や企業に対して丁寧なヒアリングを重ねながら、関係者のニーズを把握・分析し、しごスタ企画の立案から運営のコーディネートまで、一貫して実施を支援しました。

川崎臨海部しごとスタイルプログラム事業実施業務委託
site:川崎市
since:2020-2021
発注者:川崎市
事業のリンクはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!